スクラップブッキングにご興味のある方は、
お気に入りにありますもうひとつのブログもよかったらご覧ください。
詳しくは「メッセージを送る」より、お気軽にお問い合わせください。

笑えたこと

今日も、ケータイから、緊急地震速報の音がface08
お昼のは、下校の時間だったので、男の子!!とちょっとビビりましたが、大きくなくてよかった。
歩いてる途中で、わかんなかった~と無事に帰ってきました。 ほっ。



話は、前のことに戻るのですが、、、

あの日から、それはもう、いろいろな考えが駆け巡って。。。。
本音はすぐにでも、逃げ出したかったけど、いろいろあって郡山にいて。。。

でも、不安と緊張に耐えられず、ノイローゼ気味!?に。。。
で、県外に避難した人たちがぽつりぽつりと戻り始めた、そんな時期外れのころに、
気分転換を兼ねて男の子と2人、数日間新潟に行ってきました。

それはそれで、私にとっては覚悟の決断でした。
ぐらんぐらんするめまいが時々襲う中、新潟まで行けるのか。
男の子のアトピーも悪化する中、何か食べてアナフェラキシーショックでもおこったら、
知らない土地で何かあったら病院にちゃんと連れていけるのか。
知らない土地で、地震があったら、私だけで男の子を守れるのか。

無事についた新潟は、別世界に見えました。
当時、郡山はガソリンスタンドは長蛇の列だったのに、待ってることなく入れるガソリンスタンド。
当時、郡山は、マスク率80%以上、新型インフルエンザの時より多いくらいだったのに、
マスクの人を見つける方が難しいくらい。
子供が普通に歩いている。。。水が売っている。。。

なんて、平和なんだ、、、と思いました。
(よく見ると、地震の爪あとはやっぱりあったし、節電であちこち暗かったんですが)


地震より原発のほうが不安、と思ってたのに、宿泊はホテルの11階face07
地震がきたら揺れるだろうなと怖くなり、海岸からの距離を確認してしまったり、
ちょっと買い物にでかけても、ここで地震がきたらとばかり考えて、
地下や高層階にいるのがとっても嫌な自分に気がつきました。
やっぱり、地震も怖かったんだ、私。


とはいえ、せっかく来たんだから、
男の子を不安がらせないように楽しまなきゃ、といろいろ行ってきました。

そのうちの、ひとつ。 新潟自然科学博物館

ドラえもんの展示会がやっていて、いろいろな道具にちかい機械が展示される中、
「翻訳こんにゃく」に、合わせた機械も展示してありました。
音声認識なるもので、言ったことを機械が理解して、他の国の言葉になおしてくれるんです。


 男の子 ・ トイレはどこですか?

        ↓

機械 ・ ドリアは生ですか?


笑えましたface02
アメトーーークの滑舌悪い芸人に出られそうだなぁ。