スクラップブッキングにご興味のある方は、
お気に入りにありますもうひとつのブログもよかったらご覧ください。
詳しくは「メッセージを送る」より、お気軽にお問い合わせください。

いろいろなお別れ

この1週間、いろいろな手続きに走り回るとともに、
昼はランチで私がお友達と会い、夜は男の子の友達とレストランに行って思い出つくりをし、、、
なんていう生活をしていました。

母子で一時避難をする際、一番心配だったのは、いじめ。
報道でもいくつかありましたからねぇ。。。
放射線の悩みから解放されても、新しい学校になじめなかったら、、、と。

新しい学校でも、それは心配していたのか、いとこ情報によると、
男の子が転校する10日以上前の全校集会で
校長先生から
「福島から転校生が来るけど、いじめなどしないであたたかく迎えましょう」
という意味のお話があったそうです。

face07 かえって、注目浴びすぎないかな、、、なんて心配。
でも、先生たちだって報道なんかされたら大変だろうし、とにかく気を配ってくれそうです。


男の子は、お友達と離れたくなくて転校を嫌がっていましたよ。
自分一人になっても、長袖を着るし、マスクもするし、外でも遊ばないから、、、
20年後にガンにならないよう、タバコとか他の原因はつくらないようにするから、、、
郡山にいたい、と。

両親ともに避難する考えだったので、だんだん、あきらめた男の子
そんな男の子の転校OKの条件は、
今の学校の卒業アルバムが欲しい、
もし、早く戻ってこられなかったとしても、卒業式に出たい、でした。

そんなことは全然問題ないですよ、と即答してくれた担任の先生に男の子安心したようです。


いろいろ悩んで、今の選択が我が家には一番いいと思って避難するのですが、
男の子がお友達と無邪気に笑い転げる姿を目にすると心が痛みますicon11

レストランの後、岩瀬書店にお友達と行ってみた図。
お友達もちっちゃくて、、、クラスで前から1・2・3の3人組face02
男の子が転校したら、俺が1番前か~なんて会話もしてました。


別のお友達とも。  学校が違ってもずっと遊んでた幼稚園の友達。。。


また、約束して、どこかで遊びたいね。。。




男の子のお友達も、私のお友達も、温かく応援してくれました。
いろいろicon27ももらっちゃったりして。
みなさんありがとうございます。 バタバタで、何も用意してなくてすいません。



ホントはね、、、郡山に住みながら、どうにかこどものためにと、
あらゆるところに電話をかけたり、国会議員・県議会議員の事務所をまわってみたり、、、
教育委員会や災害対策本部にも行ってみたり、、、思いつくことはやってみたんです。
でも、、、どうにもならなくて、、、
一緒に声をあげていこうねと言っていたお友達、ごめんなさい。
郡山も離れても、引き続き情報を集め、なにかできることはしていくから。。。


お仕事を辞めてまで、いろいろデータをとったりして今回の原発問題に取り組んでくれてる
専門家の方たちの話を中心にした報道です。
ネットワークでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2か月~

  再放送も決まっています。5月20日(金)総合 午前1時30分(木曜深夜)
              5月28日(土)教育 午後3時

実際にチェルノブイリで活動していた方も、あちこちで講演活動などをしているようです。
・長野県松本市長 菅谷昭さん  
  いろいろな記事があるようですがとりあえずこちら
  「福島県の子どもたちの受け入れを検討中」という記事です。
・野呂美加さん  HP チェルノブイリのかけはし

 
日本医師会の見解(5/12)   こちら

日本弁護士連合会・会長声明(4/22)    こちら 

福島県教職員組合の要請や声明(4/26)   こちら

いろいろな方面の方が声をあげているのに、文科省は20りシーベルトについて
なぜ再検討してくれないのでしょうか、、、

5月2日の市民団体の文科省・安全委員会への
「子どもたちを放射能から守れ政府交渉」(動画)をこちらのブログで見つけました。
いままで、20ミリシーベルトは安全委員会の指導のもとと言っていた文科省、
その安全委員会が、
安全委員会のどの人も20ミリシーベルトを許容していないと発言しています。
ただ、それを聞いた文科省の担当者はとっても驚いた顔をしているので
どちらがうそを言ってるのかわかりません。 
ただ、もう誰もがこどもに20ミリシーベルトはないって思ってるんでしょ。
だったら、誰が許可したなんてもういいから、早く再検討会を開いてくださいよ。。。


こんな集会もあるようです。
【子どもたちを放射能から守るための集会(郡山)】

  ■場所 郡山教組会館2F会議室
      (住所)郡山市桑野2‐33‐9
      (電話)024‐‐932-2144


  ■日時 5月22日(日)15:30~18:30

  ■主催 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク

  ■問合せ 090-8116-7155(阪上)




少数派かもしれませんが、、、、
転校を考えているけど、転校した人はいじめられてないかな???
なんて思ってる方のために参考になればと、あちらでの暮らしも書いてみたいと思います。
ただ、手配が間に合わず、ネットはすぐには使えません。
しばらくはブログを見るのも書くのもおあずけになりそうです。